MIYOSHI

contact

HIDEYOSHI DIARY

埼玉の電子機器組立及び製造工場、オリジナル防犯監視カメラや電気自動車製作のMIYOSHI社長、佐藤英吉の日記を掲載させて頂きます!

過去の日記のアーカイブはこちら

2022.03.09

2022年3月9日(水)

●今日の学び
”捨てる”という概念を捨てよう
テラサイクルジャパン代表 エリック・カワバタさん

一説によると、100年前の人々は、
衣服を選ぶ際に10年から20年着る前提で、
年に平均2着を購入していたといわれています。
現代では、平均66着を購入し、
3回ほど着ると捨ててしまうそうです。
物を買う時には、長く使う前提で選んでみてください。
また、「本当に使うかどうか」と考え、
立ち止まることも大切かと思います。
消費者は大きな力を持っています。
私たちが環境にやさしい商品を望めば、
企業も従わざるを得ない。
ザッキーはこのことを、
「財布で投票する」と言っています。

2022.03.08

2022年3月8日(火)

第36回「結論のない有意義な会議」
anchor.fm/3yoshi/episodes/Vol-35-e1fae0e

笠原の業務報告
宮崎教授から、喜びの電話があった中で、
「仕事の邪魔じゃないですか?」と聞かれ
「大丈夫です。仕事より大事な仕事です」と。

ウクライナの問題があって、
私も含めて、誰も止められない現状に、
「四表の静謐」を祈る哲学が、
人類になければ、何に向かって頑張っても、
それが、意味をなさないことを痛感する。

今の世界を、
子どもたちに、どう説明すればいいのか。

ただのビジコンではない。
未来のために、大学生が高校生のサポートをしつつ、
SDGsに適ったビジネスを真剣に考えていくプロセス。

それをサポートする仕事。
これほど、大事な仕事はない。

●今日の学び
できない理由を探すより
できると決めて挑もう!
その努力は必ず生きる。
わが誓いの成就へ
勇敢たれ!聡明たれ!

●サムエル・ウルマン「青春」
「精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき、
20歳であろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえる限り、
80歳であろうと人は青春にして已む」

2022.03.07

2022年3月7日(月)

MIYO本は、中村さん。
ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」の中から。

何度言われてもいい魔法の言葉。
それは「ありがとう」

MIYOSHIでの「ありがとうカード」は、
2回目のありがとう。
見る人は、3回目のありがとう。

私からは、MIYOSHI新造語
「WOW マッチ」の発表。

そして、
「無限ホテルのパラドックス」
嬉しくなって、この話してしまった。

起業家教育のシーンが、記事に。

●今日の学び
人は幸福になるために生まれた。
そして、誰人にも平和に生きる権利がある。

2022.03.04

2022年3月4日(金)

MIYO本は、笠原さん。
日向坂46の歌詞より。
「自分が生きている意味を考えている」

まったく、同感。
我々は、自身の幸福を思うならば、
世界の平和のために、行動しなければならない。

1300 山田美由さん講演
家から個へ。
多様性の先にあるもの。
1500 積治さん来社

●今日の学び
想像力の「想」の文字は、
「相手の心」と書いて、
「想う」と読む。

●人間の精神は激しい闘争の中で鍛えられる—詩人シラー
目前の課題に体当たりで

2022.03.03

2022年3月3日(木)

●今日の学び
世界ではいまだ戦火がやまない。
その犠牲となるのは常に民衆であり、
何より子どもたちである。
全ての子らが希望の未来を
心に抱ける日の到来を強く祈る。

●人間野球で新たな常勝の道を
堀内尊法監督
「人は”自分のために”と思うだけでは、
限界を超えることはできない。
”誰かのために”と思うことで、
持てる以上の力を発揮することができる」

2022.03.02

2022年3月2日(水)

0600 朝の会 リモート参加
しながら、世田谷へ向かう。
0730 世田谷着 石川氏をピックアップして永田町へ。

0900 衆議院議員会館P到着 前田社長と合流。
牛乳を廃棄せずに、政府が買い取って、
子ども食堂へ配布することはできないか。
4室回り、熱く訴える。
農水の仕事か、厚労の仕事か。
聞けば聞くほど、大事なことだが、
簡単ではないと分かる。何とかならないか。
地下の食堂で昼食をとり、3者で語り合う。
おじさん3人が、牛のために1日を使う。
でも、あっちの仕事だと思っている間は、
何も変わらない。動かないと。誰かのために。
服部氏とは、また、語り合ってみたい。

1500 キリン小林さま、ユーユー財託木所社長来社。
第1回 「ムジンパ」会議。
ほぼ根回し無しで、忌憚のない意見交換。
気持ちがいい。一歩前進。
もっと、カンタンでいいかも。

1730 評価会議
今回ほど、チャレンジシステムに踏み込んだ会議はない。
簡単には終わらなかった。
MIYOSHIイズム整理へ、今後、時間を作ることになる。
MIYOSHIの社員は、全員がすごい。

●今日の学び
失敗や変化を恐れず、前に踏み出す勇気があれば、
人は必ず成長できる。
その勇気はどこかではなく「自分の中」にある。

2022.03.01

2022年3月1日(火)

●今日の学び
見ている人は見ているものだ。
日頃の言葉遣いや振る舞いを通して、
相手に伝わっていくものは必ずある。
特別な出来事や言葉よりも、
かえって深い共感や納得につながっていく。

●「誰かが一人勝ちしても仕方ない。
『自分さえ良ければいい』という発想は結局、
良い結果にならない」

2022.02.28

2022年2月28日(月)

MIYO本は、和泉さん。
ジェフ・ベゾスより
梱包台のエピソードより。
常に、もっと、良いアイディアがある。

全社員に宿題としていた、
「MIYOSHIイズムっぽいことシート」。
全員が、期日までに提出をしてくれた。
あたり前のようで、あたり前ではない。

さあ、ここからどうする。

目を通せば、
お互いに公開した方がいいと思える、
素晴らしい内容。

2月の湯河原プロジェクト一旦終了。
朝、机の上に、社員の息子さんから嬉しい手紙が。
こういうのが、一番嬉しい。

社員の家族が、喜んでくれて、
その喜ぶ家族を見て、喜ぶ社員の顔が、
一番好きだ。

●今日の学び
「団結」の鍵
「それは、一見、矛盾するようであるが、
自らが『一人立つ』ことである」

●誠実な魂には動揺がない—作家ゴーリキー。

●若さには、無限の可能性がある。
その胸には、果てしない希望の翼が広がり、
熱き情熱が脈打ち、向上の心が泉のごとくあふれている。
人類の無限の財宝—それは次代を担う若き力だ。

2022.02.25

2022年2月25日(金)

MIYO本は池谷さん。
アウトプット大全 インプット大全より。
アウトプットとインプットの比率は、7:3がいい。
成長しないのは、フィードバックが出来ていないから。
アウトプットをすると、疑問が生まれる。
その「なぜ」を、放置しないことが大事。
解決する癖をつけましょう。
いままで、あまり本を読んで来なかった。
MIYO本は、自分が成長するためにある。

素晴らしい発表だった。

成長をしようとしている姿勢が全て。
「我賢し」は、間違いである。

1100 シエンプレ佐々木社長打合せ
当初のねらいではない案件で進めそう

1330 藤村秘書来社

1430 気持ち悪いので、パーティション設置

1600 「社長の知らない 秘密の仕組み」について
参加者 河合 田辺 井上 比嘉 笠原 市原
なかなか良いディスカッションでした。
フェーズ分けして、優良顧客へのフォローを。

1800 マーケ会議

●今日の学び
今日もまた明日もまた
喜び勇んで前進!
自らの目標に向かって
最後まで走り抜く執念が
人生勝利の道を開く!

●勇気を失うことは全て失うこと—チャーチル宰相

2022.02.24

2022年2月24日(木)

MIYO本は井上さん。
やずやでは、購買をあおる割引キャンペーンはやらない。
顧客へのコストは、費用ではなく、投資である。

●今日の学び
思想家の新渡戸稲造がつづっている。
「老人は過去に生き、青年は現在に生きる」。
その上で、どこまでも前を見つめ、
決意に燃えて挑戦の日々を送る人は若々しい。

●悩みを通して智は来る—ギリシャ箴言。
青春の苦闘は財産。
君よ果敢に立ち向かえ!

2022.02.22

2022年2月22日(火)

1830 桜祭り用 ライトアップ用LEDをお届け。

「やれることは全部やる!」今年の抱負

●今日の学び
わが心に描く”理想の頂”が高ければ高いほど、
そこへ到達するまでの道は長く険しい。
だが、その前進の一歩一歩の中で、
人間革命の真価と、絶対的幸福の境涯は
光り輝いていく。

2022.02.21

2022年2月21日(月)

MIYO本は小山田さん。PHPより。
肩の力を抜くと見える景色が違ってくる。
ものを見つけるには、肩の力を抜いていないとできない。
それを説明するときも、肩の力を抜いて。

「何でだろう」と考えながら仕事をすることが大事。

1430 宮崎教授と学生が来社。
ついつい、喋り過ぎた。
組織立上げの相談など、
ますます、未来への夢が広がる。
「単なるビジコンには、したくない」。
教育学部主体で行う、大高連携のビジコンは、
起業家教育の原点になると思う。
関われることに、感謝である。

●今日の学び
世界全体がコロナ禍という暗雲に包まれる渦中にあって、
今こそ求められるのは、本年の提言で紹介された
”何のため” ”誰のため”との目的感を明確にして
足元から行動を起こす「正視眼」的な生き方であろう。
(中略)
今いる場所で起こした変革は、希望の波動を広げ、
地球的課題を打開しゆく原動力となる。
そう確信して、眼前の一人に語り掛け、
心の絆を結んでいきたい。

2022.02.18

2022年2月18日(金)

MIYO本は、山本さん。
「頭にきても、アホとは戦うな」より。
仕事において、「敵」という考え方はない。

日中懇談
生産性向上とは、手足を早く動かすことじゃない。
スピードを上げることではなく、
価値ある仕事を生み出す事であり、
その環境をつくること。
頭を切り換えないと。

1000 金具設変会議。

1210 中和社長、リン選手と懇談。

1800 マーケ会議 智恵と哲学そして境涯
社会に、会社に、文句は言うが、
本気で変えようとするわけでもなく。
その入り口があっても、入ろうともしない。

少しばかり頭がいいと思ってる人は、
大事なものを失う。
「我賢し」と振舞う人の愚かさよ。
バカを認めて、しかし卑屈にならず、
謙虚に学ぶことの美しさ、楽しさよ。

●今日の学び
「人生のオリンピックに敗者はいない。
いるとすれば、それは『挑戦しなかった』人だけである」
人は”近道”では大きく成長できない。
険難の道に挑み続ける鍛錬の中で飛躍を遂げる
—今日の苦闘の一歩は勝利のゴールに続いている。

2022.02.17

2022年2月17日(木)

第2回 MIYOSHIDA Queens CUPは、9月の前半にするか。。

●今日の学び
「人の『生きる力』を引き出した分だけ、
自分の『生きる力』も増していく」

2022.02.16

2022年2月16日(水)

比嘉さん
You Tuber キティの「人生相談」より
キティちゃんみたいにポジティブになれる考え方を
今は結果が出なくても、途中経過でしかない。

私からは、
「Think globally, act locally.」
「保育園落ちた日本死ね」についての私の考え。
日本が死んだら、あなたも死ぬだけです。

あなただけ、私だけの幸せはない。
事が起きたら、周りも、後輩も、
同じ目に合わないようにするには、
どうすればいいかと考え行動を起こす。
そういう人間になりたい。

今回、萩原氏が動いてくれているのは、
その人一人のためだけではない。

前田社長と電話会談。

1000 三芳町商工会来社

●今日の学び
未来を照らす 価値創造の文明を
「知識」がとまどい、あとずさりするところにも、
「希望」は敢然と足を踏みだす。
そして、未来の果てまで生命を輝かせながら、
なにものにも屈せず進んでいく—と。(トインビー)
希望が力である。
希望は「勇気」と「知恵」から生まれる。
「知識」だけからは生まれない。