MIYOSHI

contact

HIDEYOSHI DIARY

埼玉の電子機器組立及び製造工場、オリジナル防犯監視カメラや電気自動車製作のMIYOSHI社長、佐藤英吉の日記を掲載させて頂きます!

過去の日記のアーカイブはこちら

2020.11.18

2020年11月18日(水)

MIYO本では、河西から「ディズニーの本」
誰からも好感持たれる50のマインド?より
【大事な3点】
何のためにやるのか口癖に
ありがとうの連帯感
自己成長

河西さんの話を受けて、岸監督の話を。
「目標」は全国制覇。
「目的」は人間形成

MIYOSHIに置き換えれば、
「目標」は1万台
「目的」は社員の幸福。

「何のため」との自己へ問い続ける大切さ。
すばらしい内容の発表だった。

1300 萩谷学園事務長来宅。
 自宅にて表彰式を行っていただく。
 偉大な先輩方がいらっしゃったので、
 その背中を追いかけてきた。

1430 武蔵野小山社長の講演
 小山社長の講演は、初めて伺ったが、
 これまで学んできた内容の確認になった。
 

●今日の学び 東京学芸大学 名誉教授 斎藤毅氏
「郷にいれば郷に従え」ということわざがあります。
風俗や習慣は地域によって異なりますが、
これはよその土地へ行ったら、
その土地の仕来りに合わせるということでしょう。
風俗や習慣、あるいは仕来りももちろん文化。
意外に意味の深いことわざです。
しかし、これは、決して自分の持つ文化をかなぐり捨て、
その土地の文化に迎合せよ、というものではないはずです。
少なくとも自己の主体性に目覚めている人々なら、
文化地理学や文化人類学の研究者ならずとも、
まずは好奇心からその異文化を視察し、知ろうと努めます。
そして、その異文化の価値体系のようなものを理解できれば、
差し当たり、それに合わせる努力をするでしょう。

2020.11.17

2020年11月17日(火)

1530 ニッケン有明へ
 平塚さんに「カンタンライド」の試乗。
 思いのほか盛り上がる。
 その他、ドローン、G-camチャレンジの提案等々。
 来てよかった。

早めに到着したので、カフェを探すも無く。
公園に車止めて、河合とデートみたいになっちゃった。

●今日の学び
「あなたも、恥ずかしがり屋なら、そのままでいい。
無神経になり、デリカシーをなくすことが『大人になる』ことじゃない。
コンクリートみたいに固い花はない。
花は、みんな柔らかい。初々しい。傷つきやすい。
人の思いに敏感なままの、その心を一生咲かせ続ける人が、
本当に『強い』人なのだ」

2020.11.16

2020年11月16日(月)

男は自分で決めて、
自分で決着をつけなくてはいけない。
これを起業家精神と言うなら、
それは、全ての人に当てはまるものだ。

決めるまではやっても、
最後、決着をつける段になって、
いろいろ理由つけて、逃げ回る人間。

そんな事言わんでも、生きていける時代になった。
生きていけるから、それが分からなくなる。
生老病死だけは、人に代わってもらえないから、
その節目で気がつくことが多いのだろう。
我が不幸を人のせいにして、死んでいく。
そんな生き方は、したくない。
男53歳。どう生きるか。

●今日の学び
未来を「どうなるか」と予測するだけでなく、
「こうする」と決めて行動に移す。
その明確な意思が、自らの人生を形作っていく。
未来は、今の自分自身の一念にある。
御書には「未来の果を知らんと欲せば
其の現在の因を見よ」と仰せだ。

2020.11.14

2020年11月14日(土)

栃木にて、フェニックスオープン参加
帰りの車中、圏央道から見えた富士。

●今日の学び
英雄とは自分のできる事をした人—文豪ロラン。
明確な目標定め今日より明日へ

2020.11.13

2020年11月13日(金)

一日、モヤモヤ。
人の進退で自身の命がゆれる。
もう少し、強くなりたいと思う。

1500 大塚商会来社
 OCR機能を使った業務改善。
 一歩前進にかなり近づく。

1630 大塚商会来宅
 自宅事務所の環境整備。

●今日の学び
100人いれば、100通りの人生がある。
それぞれ成長の速度も異なる。
ゆえに、自分と他人を比較する必要などない。
今を精いっぱい生きる「生命の輝き」が
周囲を勇気の光で包む。

2020.11.12

2020年11月12日(木)

1730 懇談
 重い決断になった。
 河合、田辺も、同席。

ふと思うことは、
今、目の前にいるメンバーと仕事を出来ていることは、
入社の仕方は、まちまちだが、針に糸を通すように、
何かの縁で、偶然ではないのだということ。

●今日の学び
知恵は現場にあり!
一人一人の声に耳を傾け
自分にはない視点から
新たな発想を得よう。

2020.11.11

2020年11月11日(水)

MIYO本発表は、小林。
「頭の回転数を上げる45の方法」から、
「守破離」とは、
原理原則を学ぶ段階、
それが身につき実践する段階、
そして形を離れて本質を得る段階、
ということができる。と。

私からは、
毎回のMIYO本を楽しみにして、学んでいる。
我々にとって何が大事か。
MIYOSHI利用して、
一人一人が成長して、幸福になることである。
当然、給与もこれについてくる。
だから、朝のMIYO本の時間は、
業務の時間を割いてでも、
やる価値のある時間である。

その結果、毎月の個人評価も、
このMIYO本の充実度はかなり影響している。

ここを頑張っている人と、そうでない人は、
自然と差が出てくるものである。

1700 会社設立の打合せ

●今日の学び
立ち上がる時は
「いつか」ではない。
「今、この瞬間」だ!
”決意即行動”で
偉大な自分史を綴ろう!

2020.11.10

2020年11月10日(火)

川越の旭日。
GOTOで湯游ランドからの出勤です。
癖になりそうです。

新人、一人出社せず。
連絡取りつつ、田辺と家まで訪問。
15時に無事を確認。

1400 シンカ宗さん来社
レスポンスで売上を上げるミスターテレフォン
一度もお会いしたことのないMIYOSHI社員が、
皆、駆け寄る。すごいことだ。

夜、ジェイックに対して苦言を。

●今日の学び
運命はおのが手で切り開くべきもの—文豪セルバンテス。

●人に尽くす中に 最高の幸せがある。

2020.11.09

2020年11月9日(月)

「トヨタで学んだ自分を変える時短術」
中村さんのMIYO本。

自分の分身をどれだけ育てられるか。
という話。

私から、アチーブメント青木社長の
「理念経営」の話につなげさせていただいた。

1800 川越サニーにてマッチング
https://tabelog.com/saitama/A1103/A110303/11046634/
社長同席で5名での会食。内容からいって、
大変、良いマッチングになったと思います。

社長とは、何度もお会いしてましたが、
百聞は一食にしかず ですね。
何を食べても、美味しかったです。

2020.11.08

2020年11月8日(日)

長男英一から、初任給出たので、と、
立川で、お寿司を御馳走になりました。

親としては、初めての経験です。

ありがたいことです。佐藤

2020.11.06

2020年11月6日(金)

MIYO本は、笠原氏より
「ラーメン二郎に学ぶ経営学」
コミュニティマーケティング
口コミが大事。 機能させるには
コミュニティの活性化が大事。
そのためには、
ネタに突っ込みどころがあるかないか。
「!」マーク、「?」マークがキーになる。

私からは ポカヨケの話
昨日のポカヨケ会議の内容を河合が丁寧に説明してくれた。
ダブルチェックやチェックシートなどは、ダメな対応。
ミスを犯した人は、「5秒だけ反省」して、
次の瞬間には、「自分は悪くない」「仕組みが悪いのだ」
と、頭を切り替えてほしい。
その上で、仕組みづくりに入っていく。
ここまでやって初めて、ミスの意味が出てくる。
合言葉は、「倍返し!」だ。
ミスしたら、絶対にミスできないカンタン仕組みを作って、
さらにコストダウンさせて「倍返し!」だ。

●今日の学び
目標を達成し、さらに次の目標へ―
その間断なき挑戦が人の魂を高みへと押し上げる。

2020.11.05

2020年11月5日(木)

朝礼にて QCDの話。
今回、ユニフォーム発注がキャンセルに至った例を通じて。
カッコよく 安く なる早で
このQCDで、今回残念ながら、
最後に来て、スピードが足りなくキャンセルに。

営業は、我々は、このバランスと優先順位を大事にしなければならない。
大抵の場合は、品質・価格もさることながらスピードが勝負になる。

日経17面 日本電産 永守氏
日本電産が成長分野として力を入れる
電気自動車(EV)用駆動モーターなどの製品は高度化が進む。
高度な人材の確保がカギを握るが、
従来の人生制度や賃金水準では
高い能力を持つ人材雇えなくなる懸念もある。
「平等時代は終わったが、頑張れば高い報酬がもらえて、
より良い人材を採用できる」
「すぐやる。必ずやる。できるまでやる」と社員を叱咤激励し、
成長を通じて利益を分かち合ってきた。

PM 東立製作所へ。

●今日の学び
”必ず打開してみせる”
不屈の負けじ魂で
痛快なる勝利劇を!

●空に虹が懸かるのは、
雨の後、太陽の光が差した時だ。
人生もまた、涙が枯れるほどの試練であっても、
前へ前へと進み続ける限り、
必ず心に”勝利の虹”が懸かる。
「いまだこりず候」の”諦めない心”こそ、
涙から虹を生む光である。

2020.11.04

2020年11月4日(水)

0600 第226回 川越朝の会
 木所社長の発表。「旅籠小江戸や」にて。
 前泊させていただきました。
 出来立てということもありますが、
 大変に快適に過ごさせていただきました。
 川越は今、国内観光で大変な賑わいですが、
 インバウンドを意識してのつくりなので、
 海外交流ができるようになるといいですね。

 4つの会社を経営される木所社長。
 全てがうまく行くことはなく、常に課題だらけ。
 大変ですが、これこそ社員を守るリスクヘッジ。
 もっと、ゆっくりと話を聞きたいと思いました。

 そのまま、ホテル三光にて、新人二人をピックアップして出勤。

●今日の学び
「自由」とは、
快適さや享楽に満ちた”苦労のない”状態ではない。
厳しい現実や宿命を見下ろしながら、
悔いのない挑戦で勝利の人生を力強く切り開いていく境涯を指す。

●時は過ぎても言葉は残る―文豪トルストイ。
相手を思う慈愛の声掛けも。

2020.11.03

2020年11月3日(火)

1130 ZOOMにて、コバヤシ精密工業40周年記念行事。

挨拶も、乾杯も、社内見学も、ZOOMにて。

実行委員会の皆様、大変にお疲れ様でした。

心のこもった素晴らしい会合でした。

よい経験をさせていただきました。

●今日の学び
時間があれば、環境条件が整っていれば、
力が発揮できるというものではない。
大事なことは使命の自覚である。

2020.11.02

2020年11月2日(月)

新人二人が今日から入社。
しばらく、湯游ランドからの出勤です。

オリエンテーション
社長、部長、ジェイックの二人の先輩。

大変にお疲れ様でした。

●部長以上の名刺完成。
MIYOSHI20年を前に、新ロゴ完成。

製作者 笠原氏曰く
アイコンは、筆記体で柔らかい印象の「寄り添い」
手書きの走り書きで「スピード感」
「マッチング」のM
全体的に遊び心やヒラメキ(フィラメント)を連想させ、
シンプルで記憶に残るデザインに。

ありがとうございました。
寄り添い、スピード感、マッチングは、
まさに、MIYOSHIの歴史からも、未来も、
大事にしていきたいものです。

●今日の学び
相手を他人と思わない―
「人を励ます」という行為においても、
不可欠の観点であろう。
友の悩みを”ひとごと”ではなく
”わがこと”と捉えるからこそ、
心に響く声を率直に届けることができる。
苦悩の打開へ、共に祈ることができる。