MIYOSHI

contact

HIDEYOSHI DIARY

埼玉の電子機器組立及び製造工場、オリジナル防犯監視カメラや電気自動車製作のMIYOSHI社長、佐藤英吉の日記を掲載させて頂きます!

過去の日記のアーカイブはこちら

2022.01.17

2022年1月17日(月)

朝礼では3点。
・出勤時間変更
2月朝礼 0850 3月朝礼 0840スタートへ
4月より 平常運転

・お茶出し無しの話
業務を優先して

・「MIYOSHIイズムっぽい」ところ募集について

1000 レイアウトMTG
仕事する上で、レイアウトは非常に大事。
二人とも、真剣に検討してくれ、皆も。
ちゃんと「合理性」や「全体観」に立った提案。
これこそ、「MIYOSHIイズム」だ。

1400 川越県税事務所に、間違えて行って、川越税務署へ。
これ、何回繰り返す?
東京商会など寄って帰社。

●今日の学び
「一つ一つの物事をどうとらえるかは、
人間の生命力と密接に関わってくる。
弱気になり、活力のない時には、
物事を前向きにとらえようとしても、
ついつい後ろ向きに考えてしまうものだ。
人間の思考は、生命力と不可分なものといえよう」
人生には”なぜ自分がこんな目に”と思ってしまうこともある。
しかし時を重ねる中で、多くの人と出会い、励まされ、
自ら立ち上がっていく先に”こういう意味があったのか”と気づく時がくる。
喜びも、悲しみも、全てを幸福への力に変えていく—
その希望の哲学が”心の復興”を後押しするに違いない。

2022.01.14

2021年1月14日(金)

MIYO本は、「のびたという生き方」より
自ら行動して、共感してもらう。について。
私なりに解釈したのは、「リーダーの一念」ということ。

私からは、仏法の「縁起」について

【笠原の業務報告より】
「互いに助け合う縁起」
「手だけで運転できるボルボ」ともリンクした。
ニッシン自動車工業 山本社長
「僕にも足が不自由な父がいるから、どこへでも連れていってくれる車の大切さがすごくわかるんです」
だれかのためを思った仕事が、また別のだれかを救っている。こんな素晴らしいことが、あるだろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=ofiXzswtoHA&t=108s

1030 海老澤社長来社
開発にコーディネーターって検索すると、
「再開発コーディネーター」が出てくるが、
「開発コーディネーター」って、必要だと思う。

1330 MI西川氏来社
いくつか、前に進めるものあり。

1800 マーケ会議
今回は、「寄付文化」について。
もっと、日本で「寄付文化」を盛り上げたい。

●今日の学び
相手をよく知り
尊敬することから
心の交流が始まる。
友の胸中に響く
大誠実の語らいを!

2022.01.13

2022年1月13日(木)

アフガニスタン支援
3yoshi.jp/topic/アフガニスタン
<3yoshi.jp/topic/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%EF%BD%9C%E9%A3%9F%E6%96%99%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E3%81%AE%E6%B7%B1%E5%88%BB%E3%81%AA%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%82%92%E5%8F%97%…>

1700 谷口建築士来社
2F改造計画を検討。

●今日の学び
人は他者との関わりを通じて、
世間や社会を知っていくものだろう。
それが社会の中にいる自分を知ることにもつながる。
現代は文明が発達し、生活が便利になる一方、
人と直接的に関わる機会が減少傾向にあり、
孤立や地域の絆の希薄化の一因になっていると
指摘されている。

●問題を見つける力 宮城教育大学 名誉教授 西林克彦
必要な専門分野に関してのことや、新たに開発に携わるときなどは、
「知っているつもり」を乗り越えなければなりません。
そのためには、断片的な知識を、疑問を生じやすいシステムに作り替え、
整備することが必要です。(中略)
全てのことに関して、何でだろうと考える必要はありません。
きっかけは興味や驚きです。
興味を持ったこと、不思議だなと思ったことに関して、
こういうものなんだと決め付けず、
何か共通する部分はないか、
隠れた理屈はありはしないかと
探してみることが大切です。

2022.01.12

2021年1月12日(水)

0600 朝の会 発表は金子商店金子さん。
本質に、ぐさりと意見交換できるここでのディスカッションは、
大変に良い。

金子さん二つの夢。
学校給食に炊飯器を導入したい。
歴史の教科書に縄文時代を。
ぜひ、共に実現したたい。

私からの要望は、「金子セレクト一生定期便」。
ただのサブスクではない。
五つ星マイスターセレクトの米が、毎月届く。
少々高くたっていい。楽しみになる。
ギフトにも、喜ばれる。
アマゾンに出来て、中小に出来ない訳がない。

さらに、米櫃センサーのアイディアに。
何だって、「抜苦与楽」につながる。

朝礼
MIYO本は坪井さん。「ありがとうの魔法」
経験したことのないチャレンジについて。
自身の経験を通して、目前の課題に挑戦する。

河合から 俯瞰と客観の違い

1000 水の要請あり 30分でお届け。

1200 社員ランチミーティング 市原樋口山本
楽しい語らいと気付きになりました。

1400 セコム黒田さん来社。
●今日の学び
ファッションブランドの挑戦
二人がこだわるのは、生産の過程で地球環境に大きな負荷をかけず、
生産者に不当な労働を強いない”エシカル(倫理的)なファッション。

「仇を討つとは幸せになることなんだ」父

「だから服を選ぶ時、その服の奥にある”ストーリー”まで、思いをはせてほしい。
サスティナブル(持続可能)って、結局、感謝を忘れないことだと思うんだ」

●「大変な宿命を背負っているということは、
同時に大使命を担っていることになる」

2022.01.11

2021年1月11日(火)

アフガニスタン支援に、120万寄付させていただいた。

0817 石川氏に「アフガン支援できる先ありますか?」

から始まって、

1649 30万の掛け算だったので、120万にさせていただきました。

以前、MIYOSHI社員の皆が、不要になったランドセルや文房具を集めて、
この団体を通じて、アフガニスタンに送って頂き、
しかも、その映像や情報を、フィードバックしていただいた。

今回の問題が起きて、何もできずにモヤモヤしていたところに、
すばらしい取組みをされていることをご紹介いただき、
わずかでも、貢献させていただいた。

●マーケ会議メンバーに共有させていただいた内容
未来の課題解決への寄付は教育へ。
現在の課題解決への寄付を、国内と国外と考えたいと思ってます。
とは言っても、大した事は出来ませんが。
先日、日本に逃げてきたアフガン人のドキュメントを見て、
強く感じました。
最前線にちゃんと行き渡るようにするには、
信頼関係が必要と考えました。

◆プロジェクト名「アフガニスタン|食料危機の深刻な影響を受ける母子を飢餓から救いたい」
readyfor.jp/projects/joicfp2021

●今日の学び
「私たちは、押し寄せてくる恐れの洪水を阻止するだけの、
勇気という名の堤防を絶えず築き続けていなければならない」
(マーチン・ルーサー・キング)

「『夢』を失わないかぎり、『希望』は生き続ける。
いかなる試練があろうとも、いかなる嵐が吹こうとも、
『希望』があるかぎり、我ら民衆の大行進を、
正義の大河を、押しとどめることはできない」
(対談集 希望の教育 平和の行進)

「『最後の勝利は、短期間の困難に数多く出遭ってこそ得られる』
とは、キング博士の確信であった。
人生も、歴史も、苦しい困難が一挙に重なる時がある。
実は、その時こそ、勝利の道を開くチャンスなのだ」
(随筆 我らの勝利の大道)

2022.01.05

2022年1月5日(水)

新年のあいさつ。
私からは、「年間テーマ」発表。

みんなからは、「2022年の抱負」記載して持参したものを全員が発表。

年末に、年末年始に考えていただきたいこととして、
「使命」について話をさせていただいたが、
全員が、深く深く自己を見つめ、未来を描いての発表となった。
今回ほど、レベルの高い個々人の発表は、なかったのではないか。

それに引き換え、私の抱負は、
「やれることは全部やる!」
小学生か!という感じだが、ほんとの気持ち。

おかげさまで、素晴らしい新年のスタートとなった。

磯中支店長来社
キーワード「パーパス」
日本語訳は「目的」だが、
学園時代に、ずっと「何のため」と自身に問い続ける日々だった。
今ほど、「何のため」の意義を実感する世の中も、社会もないのではないか。

●今日の学び
新年の号砲は鳴った。
「決意即行動」で
挑戦を開始しよう!
率先垂範の勢いが
栄光への偉大な力に!

●究極において歴史をつくるのは目を引く事件ではなく、
「水底のゆやかな動き」である。アーノルド・トインビー

2022.01.04

2022年1月4日(火)

「ジェフ・ベゾス」と「ザッポスの奇跡」を、
改めて読んだ。

奇しくも、買った側と、売った側の本。
2社とも、素晴らしい取組みだと思う。
メモは100項目を超えた。

MIYOSHIとして、重なることもあり、
すでに取り組んでいることも、増えた。

ジェフ・ベゾスより
「テクノロジーと人間性の交差」

ザッポスより
「企業文化持つことが生きる条件」

本年の年間テーマは、「CS」とした。

おかげさまで成果は出ている。
果たして、お客様に心から喜んでいただけているだろうか。
感動体験は、生まれているのか。プロダクトは?サービスは?

その上で、以下の2点を取り組みたい
①MIYOSHI イムズの明文化
②MIYOSHI SDGsの取組み

●今日の学び
試練の渦中での苦闘そのものが、
かけがえのない人生の財産となり、
誰かの希望の光にもなる。
その確信を胸に本年を走りだそう。

2022.01.03

2022年1月3日(月)

駅伝と素晴らしい富士山で、
決意新たな新年を、迎えました。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2021.12.27

2021年12月27日(月)

ユヌブリーズさんから、真心の贈り物。

皆さんのお陰で、良い年になりました。
一年間、大変にお疲れ様でした。

2021.12.27

2021年12月27日(月)

昼礼。
一年の皆さんの奮闘に感謝。
年明けに、元気で集い合うことを楽しみに。
それと、この休みで年頭の抱負を考える際、
ぜひ、「使命」について考え、語りたいと。
世のため、人のために、「私に何ができるか」と。

溝上さん 年末の挨拶に。
デレデレおじいちゃんになってる。

●今日の学び
「たとえ会えなくても、
電話の一言で、目の前の壁が破れることもある。
一通の置き手紙が、その人の人生を変える場合だってある」

2021.12.24

2021年12月24日(金)

朝礼は、笠原より
1月からの「5000台突破キャンペーン」クリエイティブ発表。

森本剛さんの動画より。
西武園の復活は、弱みを強みに変えた事例。
一方で、会社は強みに対して給与を支払っている。
だから、徹底的に強みを磨け。

●今日のファーストリテーリングの日経広告。
共感するところに線引いてたら、ほとんどになってしまった。
柳井さん発信かな。

1330 ぶぎんソリューション営業部 澤本氏 坂本氏 来社
SDGsコンサルの話が終わった後、
1月からのクリエイティブ見せたら、
全店で流すことになっちゃった。

上野さんの会社
fb.watch/a5ck_VwIar/
「バーチャル大企業」構想 賛成!

●今日の学び
人間も、立ちはだかる苦難の壁を乗り越えた時、
人生の節ができると言えるかもしれない。
その体験が原点とも転機ともなって、
人生の風雪にも折れることなく、
生涯、青年の心で伸びやかに成長していける。

2021.12.23

2021年12月23日(木)

中学図書館のLED化完了。
明るくなって、校長からも事務長からも
「休み明けの生徒の反応が楽しみ」と、
御礼の電話いただく。

●今日の学び
「若さとは、『動く』ことである。
知恵を振り返り、心を働かせ、何かを為すことだ。
どんな境遇にあっても、何とかしようという
挑戦の心を忘れないことだ。その人の生命は若い」

2021.12.22

2021年12月22日(水)

朝礼
昨日のセクハラ電話への対応について会社としての態度を説明。
3種の説明の際の我々の姿勢を確認。

●今日の学び
冬至の日から春に向かい、
日脚は確実に伸びていく。
「冬は必ず春となる」。
われらの人生の軌道である。

2021.12.21

2021年12月21日(火)

年賀状
今回は、20220101からのキャンペーン告知を兼ねて、
むしろ大々的に。

今日の出来事から、
休み管理をカレンダー記載から、カレンダー共有を検討。

女性営業事務あての取引先からのセクハラ電話に断固対応。
クレームを入れると共に、今後含めて取引停止を言い渡した。

お客様には、徹底して寄り添うが、
このような人には、たとえお客様であっても、
今後も、しっかり対応させていただく。

●今日の学び
同じ相手でも、受け止める側の姿勢によって、
関係は大きく変わる。
”苦手だな”と思う存在も、
自分を成長させてくれると捉えれば、
感謝さえ生まれる。

●真の幸福はどこか他の世界にあるのではない。
身近にある。足元にある。
困難を避けて、夢を追うような幻の人生ではいけない。
(中略)
一日一日を着実に、地道に生き抜いていくところに、
幸福は光り輝き、喜びが生まれる。

2021.12.20

2021年12月20日(月)

MIYO本は井上さん。
「アパ社長カレーの野望」より
「そういう人間になりたい」より
「そういう脳をつくっていきたい」

1000 事業継続会議
プロジェクトの継続非継続を検討。

1330 りそな来社。

1600 矢野住研訪問

「仕掛学」小さな記事だが、大変に重要。
ありとあらゆる開発とサービスに、この理念を入れるべき。

●今日の学び
善に対し感激と熱意持つ人こそ教養の人—哲人ヒルティ。