株式会社MIYOSHI 電子機器組立、電子機器製造、小ロット対応致します。
HOME ヒデヨシ日記 自社製品 実績 工場紹介 会社概要 会社沿革 お問合せ   サイトマップ





2015年8月の日記

8月4日(火)
1000 マミヤOP様へ
9月からの計画について。

1300 ネクスメディア遠藤様来社
今後の連携について。

終了後、小島と浅草バージョンの作成。
明日、浅草へいくことに。

目先のことで一喜一憂しているようでは。

もう一度、前年度との比較振り返り。
間違いなく、前年比35%増の売り上げ。
だが、社内の手は埋まっていない。
収益を上げる方法が変化しているからだ。
売上ベースの場内仕事率25%は、過去最低だろう。

●今日の学び
先輩は後輩を
自分以上の人材に!
これが育成の魂だ。
真剣と情熱の言葉で
心奮い立たせる対話を!

●現状に甘んじるな。
常に新しい何かを見いだせ―恩師。
青年の心で挑戦!



8月3日(月)晴れ
朝、ミーティングで確認しようと思ったことを、
入江も和彦も準備をしていた。

自分の計算式の間違いまで指摘。
楽しみになってきた。

朝礼にて、週末の御礼と、
明日のカイゼン活動のこと。

夜、新宿へ。

●今日の学び

今、国連などで「世界市民性」教育の重要性が指摘されている。
世界市民(地球市民)とは、地球規模の課題の解決へ、
地球に暮らす一員として、
自分にできる身近なことから行動していく人をいう。

昨今、インターネットの発達により、
特定の人種やマイノリティ(少数派)を排除する運動に、
容易に接点を持てるようになったといわれ、
ヘイトスピーチ(差別扇動)が社会問題となっている。
移民研究で知られる樋口直人氏は、
「在日特権」などのデマを信じる原因の一つは、
ネット上での憎悪の集約とともに、
「生身の外国人を知らないことにある」と
本誌で語っている。

歴史家トインビーは記している。
「私の経験では、伝統的な偏見を徐々になくしてゆくのは、
個人的な付き合いであった。
どんな宗教、国籍、あるいは人種の人とでも、
その人と個人的に付き合えば、
かならずその人が自分と同じ人間であることがわかる」
「人間は、個人的に知っている人に対しては、
残虐行為と働かないものである」。
互いに顔を合わせ、名前を知る人間同士の触れ合いと友情が、
差別や偏見を乗り越え、平和を築く力となる。






HOME ヒデヨシ日記 レポート 実績 工場紹介 会社概要 会社沿革 お問合せ Copyright 2003 MIYOSHI Co.,ltd.
All Rights Reserved.