株式会社MIYOSHI 電子機器組立、電子機器製造、小ロット対応致します。
HOME ヒデヨシ日記 自社製品 実績 工場紹介 会社概要 会社沿革 お問合せ   サイトマップ



埼玉の電子機器組立及び製造工場、オリジナル防犯監視カメラや電気自動車製作のMIYOSHI社長、佐藤英吉の日記を掲載させて頂きます!

[防犯監視カメラレンタル]--->防犯監視カメラの経費削減をG-cam01で実現します。
[電気自動車SL-EV]--->プロモーションに最適な電気自動車(原付ミニカー)SL-EV
[蛍光灯型LED照明]--->MIYOSHIのLED蛍光灯で「エコ」「省コスト」「安-->全」!導入事例多数

●ご意見、お問い合わせは-->こちら
●過去の日記はこちら


2020/06/03 2020年6月2日(火)
1000 社内プロモーション会議
定期で行うことに。
河合の明確な分析と目標設定。
さらなる現状把握のために毎日管理へ。
FBとユーチューブについて、
明日、ゲストを呼んで打合せに。

「G-camを探せ」「G-camくんのつぶやき」
おじさん考える企画もさまざまあるが。。

1300 りそな萩原さん来社
KANTAN PARTITIONは、さっそくの設変など、
着々と進む。

田辺と笠原で奮闘するも、Amazon開設には至らず。

●今日の学び
書籍を通じて「質の高い教育をみんなに」紀伊国屋書店 高井昌史会長
今後も続く新型コロナウィルスとの闘いという未経験の危機に立ち向かうためには、
医学や科学技術だけではなく、一人一人の倫理観など、
社会全体の”知性”が問われていると感じます。
それを高める礎となるのが読書です。
とりわけ、未来を担う高校生や大学生には、
ぜひとも歴史書を読んでいただきたい。
歴史には、人類が疫病を乗り越えてきた経験、
人心が荒廃した社会を再生させた事例など、
貴重なヒントが詰まっています。
歴史に学び、未来を力強く切り開いていただきたいと思います。

2020/06/02 2020年6月1日(月)
朝礼にて
「あなたのために●●なので、ご安心ください」
この●●に入る言葉で、周囲と話ができているか。
そういう行動をしているのだから。。

1000 タカキホール 来宅
14年ぶりの再会でも、お互いに覚えていて、
気持ちのいいやり取りでした。

1130 「KANTAN PARTITION」会議
困っている人に、早く行きわたるように。

1530 SOVE WEB会議
続いて、KANTAN PATITIONのプロモーションについて

週末すぐに笠原が対応。金曜日9時半から48時間。
週明けには生産開始、プロモーションもほぼスタート。

すぐやる課。
このスピード感で満足せず、もっと磨きかけたい。

●今日の学び
「戦いは、時の運です。
ちょっとしたことから、どのように展開するかわからないものです。
しかし、命をかけた戦いをしていくなかに、
道は開けていくものです」

●悲嘆の底の時、友の言葉ほど嬉しいものはない―
ギリシャ劇作家。励ましの絆強く
添付:1591065008-KANTAN PARTITION.pdf(1064KB)

2020/06/01 2020年5月29日(金)
(712KB) 朝一で、市川さん電話の10分後に来社。
パーテーションの試作完成!!
仕様、価格、販売方法、最低ロット等打合せ完了。

16:55発注。

ネーミング【KANTAN PARTITION】
来週には販売開始。

田辺曰く
朝イチ1本の電話からの〜16:55発注。
約7時間。MIYOSHIで働かせてもらって初の味わった事の無いまた違ったスピード感。

●今日の学び
「水の千流万波は、一源に始まる」とは、
中国・明代の哲人指導者である呂新吾の言葉。
たくさんの支流からなる大河も、
元はたった一つの源から発している、という意味だ
▼さらに呂新吾は続ける。
「人の千酬万応は、一心に発す」。
すなわち、人は社会のなかでさまざまな対応を迫られるが、
その全てはたった一つの心から出てくる、との意。
心の在り方によって、その人の行動の全てが変わる、
とも言い換えられよう。

●「他のためにし、他を益しつつ
自己も益する方法を選ぶにあり。
共同生活を意識的に行うにあり」
(『人生地理学』、現代表記に改めた)。

大河の流れも一滴の水から始まるように、
何事も一人一人の一歩の積み重ねの中でこそ成し遂げられる。
自治体ごとに決められた「ごみの分別の仕方」を
確認するところからでもいい。
捨てればごみだが、生かせば資源となる。

2020/05/29 2020年5月28日(木)
(259KB) 朝礼では、市原さんのMIYO本。
「置かれた場所で 咲きなさい」より。

1100 社労士坂田さん来社
社労士さんは、皆疲弊している。
そんな中で、爽やかに対応してくださり、
ほんとに頭が下がります。

夕方、NETISはVE登録が正式に決定と。
https://www.netis.mlit.go.jp/NETIS
この仕事は、河合の大ファインプレーである。

●今日の学び
球界の名将・野村克也さんは
「ぼやきのノムさん」とも称された。
この「ぼやき」を、
野村さんは名将らしい言葉で、こう紹介している。
「グチは、『不満』を表現するものである
ぼやきは、『理想と現実の差』を表現するものである」
▼ぼやくことは、理想を目指す途上にある自身の
「現在の立ち位置を確認する行為」なのかもしれない。
志をもち、努力を重ねるならば、ぼやきは、
わが情熱の炎をいや増す”薪”にもなろう。

●「自分が寄って立つ大地を持つ人は強い。
負けない人生を歩める。
試練をも前進の力へと転じてゆけるのだ」

2020/05/28 2020年5月27日(水)
●朝礼にて 以下の話 経営理念と同義なので。
2009年に著書『危機とサバイバル』で、
いち早くパンデミックの危険に言及した
フランスの経済学者ジャック・アタリ氏は、
今回の危機に当たり、
「利他主義という理想への転換」こそ、
「人類のサバイバル(生き残り)の鍵」
と強調していた。
「利他主義であることは、
ひいては自分の利益になる」と。

AM アシスト社長が急遽来社。
解体現場にて、今後G-camが必要になりそうだとのこと。

ハウスメーカーから、G-cam54台の発注。
労働災害予防に、現場にて必要と。

まったく異業種からの受注も。

ますます、カメラの需要は高まる。
設計変更や開発のスピードを上げたい。

●今日の学び
勉強は、いつでも、どこでも始められます。
だれからでも、何からでも学ぶことができます。
学んだことは、すべていかしていくことができます。
「学」は、栄光と勝利の道です。
さあ、きょうから、今から、
偉大な学びの道を歩み始めよう”
一歩また一歩、一日また一日、ほがらかな負けじ魂で!

●その他
時間の浪費は、生命の浪費につながる。
価値の創造は、有効な時間の活用から始まる。

一つの事柄から、何を感じ取るか。
人の苦悩に対して想像力を広げることから、
「同苦」は始まるのである。
配慮とは、人を思いやる想像力の結晶といえよう。

2020/05/27 2020年5月26日(火)
(579KB) アパホテル 元谷専務からLINE。
日経の全面広告。

反転攻勢の意志と勢いのある宣言である。
見習いたい。

さらに、
本日、アパホテル〈新大阪駅前〉
(全660室 大浴場 露天風呂付)が新築オープンします。
いつもありがとうございます。
とのこと。

県境越えOKになったら行きましょうか。

笠原がピーズガード広告をUP。
https://youtu.be/70l0o_AU824

●今日の学び
共感と同苦の精神で
友の”声なき声”に
耳を傾けていこう。
互いの心が少しでも
軽くなるように。

2020/05/26 2020年5月25日(月)
(151KB) 朝礼でのMIYO本は、比嘉さん。
今、写真詩集にはまっているとのことで、
今回はアインシュタインの言葉。

学べば学ぶほど、
自分が何も知らなかったことに気づく。
気づけば気づくほどまた学びたくなる。
大切なのは、疑問を持ち続けることだ。
神聖な好奇心を失ってはならない。
―アルベルト・アインシュタイン

学びの機会を持続しようと始めた「MIYO本」制度。
その思いのままに、いい刺激を下さってありがたい。

1530 TOKOチームとのグーグルミート会議。
着実な前進をお互いに確認しつつ、
さらなる一歩へ、真剣な討議。
攻めチームがようやく充実してきた。
社内は、佐原と笠原で、グイグイやってくれ。

●今日の学び
困難と戦うことで内奥の力が育つ―画家ゴッホ。
危機を成長の糧と。

●アメリカ地域医療センター医長 スーザン・ロビンズさん
「本当の幸福感と人生の深い充足は、
内面の変革にのみ見いだすことができる」と確信しています。
他者とつながり、目の前の人を大切にする―
わが人生の使命を果たしゆくために、
これからも境涯革命に挑戦しゆく決意です。

2020/05/26 2020年5月22日(金)
(541KB) 今日の日経広告欄には、出口さんが。
「首筋に汗かくからダメなんだ。脳みそに汗をかけ」
と言われたのは、いつだったか。お元気で嬉しい。

本日、稼働2600台突破の報告。
毎日の河西の台数報告とコメントが楽しみに。

●今日の学び
アメリカのジャズシンガー アーネスティン・アンダーソン氏
「常に『もっといいものを』と試行錯誤し、
努力、努力、また努力している人の胸に育つのが、自信でしょう。
反対に、苦しまないで、『これくらいでいいだろう』『何とかなるだろう』と
全力投球をしなくなったら、それは慢心と言わざるを得ません」

2020/05/22 2020年5月21日(木)
(2361KB) 日経に山田養蜂場の全面広告。
山田社長には、一度お会いしたいとお願いをしたが未だ実現せず。
それまでに、自身をしっかり創っておこうと思う。

学園にできることはないか。岩上委員長と電話懇談。
すでに手を打ってくださっている。

カンタン監視カメラ G-camは、
前の現場から、次の現場へご紹介くださる方、
紹介の紹介で使用してくださる方など、
リピートと口コミで、前年を上回る出荷となる。

●河合報告より
HPからのオーダーが最近増えてきた印象。
現在10件程で数値的には多くないが。
本日のオーダーの中で、
【G-cam を知ったきっかけ】は、
インターネット広告だった。
SOVEの配信効果の広がりに期待したい。

●和彦報告より
やはりものつくりが出来る事が最大の強みで、
それを活かした商品作りと仕組みを
いくつも立ち上げる事が収益アップのイメージは確定している。

それは何か。。。。つづく

管理職からの報告が、おもしろい。
毎日、楽しみである。

2020/05/22 2020年5月20日(水)
(304KB) ●朝礼にて
河合より 物事の捉え方の2面性について。

私からは
坪井さんの2Sについて紹介。
こういう時でも、常に整理整頓に意識を置いて、
現場を綺麗に保とうとする姿に感銘。

河合曰く、
朝礼で紹介した、
物事の捉え方、側面について
子育てにおいて、深く考えさせられましたと、
声を掛けて下さった。
ひとりでも響いて頂けている事が嬉しかった。

●AM ソーシャルディスタンス
やってきたが、さらに机2台増設。
テレワークで人数減らして、机増やして距離保つ。

到着して、組立て、現場設置して、配線処理して、
●田辺曰く、
デスク到着。現場に行って戻ってきたときには既に自分の席が移動していた。
コレだ。これなんだ。スピード。

●笠原曰く、
午前中、デスクの組み立て。
さぁ、何分でできるか。との社長の言葉にハッとする。

皆、アンテナ張って、意識持って、感じていく。
自らのこととして、次の成長に生かしていく。
まるで研修道場だな この会社。

●今日の学び
岩手日報社の代表取締役社長・東根千万億氏は、
「人の痛みを知り、人の有り難みを知ると、
人を思う想像力が深まります。
それが価値を生む想像力を培う糧になると思います」
と述べている。
他者の痛みを知ろうとの姿勢なくして、
人の心に届く言葉は生まれまい
▼冒頭の「ヤマアラシのジレンマ」は、
試行錯誤を繰り返しながら、
最終的に痛くも寒くもない適度な距離を見つけ出す。
諦めず、弛まず?
そこから、明日への「希望」が輝き始めると信じる。

●若人の人間革命で世界は変わる―ペッチェイ博士。
発想力と行動力で希望の時代開け

2020/05/22 2020年5月19日(火)
AM 笠原と懇談。
新たなスタート

●田辺報告より
整理整頓
70坪→フォークで3階ラックへ移動。
40坪→木パレット1枚分のビックエンター化粧箱を段ボールゴミでスッキリ完了。
明日も引き続き。

どんな状況でも、2Sを考えて行動すること。
は、仕事のイロハのイである。感謝。

●河合報告より
本日は今月の折り返し10日目
出荷は10台
今日までの総出荷台数は135台
前年比を上回っているが、
目標値1日15台からみると、
本日まで1日平均13.5台と-1.5台
合計-15台

と、目標設定と管理、そして分析が的確である。
大事なことである。イロハのロかな。

●今日の学び
社会のために
できることは何か―
賢明に勇敢に考える時。
自分らしい実践で
新しい日常を築こう!

2020/05/20 2020年5月15日(金)
AM ヨコタ電子さん来社
新規案件の相談
PM 佐々木電材訪問

●今日の学び
身の回りには「誰かのおかげ」で成り立っているものが意外と多い。
その”誰か”を実際に目にはしなくとも、
心に映し出し、感謝できる人でありたい。
また自身も、その”誰か”として他者に尽くす人でありたい。
そうした真心に満ちた社会であれば、
試練に立ち向かう一人一人の力は増していく。

● 吉川英治『宮本武蔵』
「あれになろう、これに成ろうと焦心るより、
富士のように、黙って、自分を動かないものに作りあげろ」

2020/05/15 2020年5月14日(木)
(1862KB) 本日の日経全面広告
社員を大切にするとは、社員を成長させ「生き抜く力」を身につけさせること。
まったく、同感である。

AM 入間、狭山の現場へ。G-cam御礼手紙のポストイン。

1300 WEBでのシステム改善打合せに、河合と佐原。
佐原は、お客様へのご案内など、
プロモーションでの活躍を期待。テレワークでどこまでできるか。
うまくいけば、今後もテレワーク中心で。
この仕組みづくりは、今後の採用にも影響してくる。

1600 BPRO来社
6月からの新規案件。

●今日の学び
「ビー・ジェントルマン(紳士たれ)」とは、
北海道の札幌農学校(現・北海道大学)で
初代教頭を務めたクラーク博士が、
教え子たちに示した校則である。
それは、学生自身が規則ではなく、
自らの「良心」に従うことによってのみ、
人間の完成が成し遂げられるとの博士の信念によるものだった。

2020/05/14 2020年5月13日(水)
(1762KB) 1100 長谷部氏 菊池氏来社

PM ミクロトータルへ
次亜塩素酸詰め替え作業、クリーンルームかどうか
G-camは、テスト機導入へ

その後、川口、春日部のG-camご利用現場へ。

御礼手紙と共にステッカーをポストイン。

現場を見れば、改めて感じるものがある。

2020/05/14 Fwd: 2020年5月12日(火)
1400 三基 本間社長 宮下さん レインボーグリーン 久保田社長 来社
ピーズガードの話。どう展開するか。
「気が付いた人が、戦い続けるしかないんだよ」
とのお話。自身の腹の決まり方を猛省する。

●今日の学び
コロナ禍でライフスタイルが見直される今、
「個」の知恵と工夫、想像力が問われている。
”自宅発”の価値創造の挑戦で、日々を活性化させていきたい。
その積み重ねから、新しい「希望」が生まれる。

2020/05/12 2020年5月11日(月)
朝礼
中村のMIYO本では、レンガ積みの例から、目的感の話
しかも、先日の図書券で長男が買ったという本からの話。
素晴らしい家庭教育をされていると、いつも思う。

私からは、HP制作にあたり、「想い」を大事に。
もう一度、経営理念を確認。
「人のために火をともせば 我がまへあきらかなるがごとし」
どこまでも、寄り添うことができる自分に。

1330 再輝さん来社
10年ぶりくらいの再会か。
巡り巡って、お互い、今の商材でつながることに。

その時、その時、一生懸命に取り組んでいけば、
次につながっていくものだと実感。

●今日の学び
偉大な仕事は未来に必ず証明される―文豪ゲーテ。

2020/05/09 2020年5月8日(金)
(1673KB) AM 弓削多醤油社長とカメラ6台のセッティング

1615 TOKOとHPのZOOM会議
凪さんのおっしゃる「想いが最大の差別化」との言葉に、
自身と会社を見つめるいい機会であると共に、
いいチームと製作に臨めることに感謝す。

アスファルト工事完了。
天候で時間かかったが、お陰で綺麗に。
駐車場でお世話になった、栄合成さんにも感謝。

●河合の日報より
比嘉さんがリーダーシップを発揮して下さり、
佐原さんは機転を利かせたフォローアップ。
河西さんも、前日からの段取りと心強い対応。
仲山さんも、フォローして頂きながらの20台超えの出荷。

想いのある
素晴らしいチームであることを改めて実感致しました。

●今日の学び
「何かをしてもらったことに『ありがとう』と感謝し、
また、何かを達成したときに『おめでとう』と喜びを分かち合う。
誰かにこの二つの言葉を口にすることで、
自分も頑張ろうと決意できます」
▼どんな状況下でも、価値を創造することはできる。
いや、環境に制限があるからこそ、人間の底力が湧いてくる。

2020/05/02 2020年5月1日(金)
(1640KB) G-cam、今月282台の出荷。
昨年比、大幅増。

小学生以下の子どもがいる人は、特別休暇。
その他可能な限り、休業と、テレワーク。
という中で、残されたメンバーで、
駆け込みの出荷に対応した。

本当に、よく頑張ってくれました。

1300 WEB会議では、10年以上ぶりに、ワンユー南社長と。
1630 WEB会議でも、各社と状況を共有して5月の対策。

昨日の日経にも、「休業店荒らしに警戒」と。
「あれば良かった」を、撲滅したい。

2020/05/01 2020年4月28日(火)
田辺、河合と、給与の会議。

毎月の評価会議で、
利益貢献とMIYOSHIイムズで、
公平に数値化しなければならない。

今回は、難しい。

小学生以下のお子さまがいる人は、特別休暇。
それ以外も、休める人は休んでもらって、休業補償。
テレワークできる人は、テレワーク。
どうしても会社に居なければならない人は出社。

このパターンを公平に評価するのは、並大抵ではない。

私自身も、今月一か月考え続けて、まだ、結論がでない。

特に、国がセーフティネットで発表した特別休暇。
小学生以下のお子さまがいて、学校、保育園が休みの場合は、
100%補償します。という制度。

ありがたい制度で、
国がやる以上は、会社も取り入れなければならない。

では、テレワークしてくれている人は、特別休暇の人と同じでいいのか?
そうはいかない。
では、最終的に残された、出社して少人数で戦っている人は、
特休、休業、テレワークの人と同じでいいのか?そうもいかない。

つまり、どこまでもフェアにやろうとすると、
セーフティが100%なら、それ以外の人は、
100%以上になる。それは会社負担で。

それを、数値化しなければならない。

河合も、田辺も、目を丸くして、一生懸命に計算する。

そこまでやって、やって、最後に残るもの。

それは、「優しさ」とか「器」ではないか。

小学生以下のお子さんがいる人。
この事態は、大変な状況である。
そこに、国が特別休暇という優しい制度を作ってくれた。国に感謝。
会社は、その制度を優先実行してくれた、会社に感謝。
それ以外の人は理解して、その人の分まで仕事を引き受けてくれた、同僚に感謝。
そして、何よりも、未来を支える大事なお子さまを産んで、育ててくれる母に感謝。

そうやって、支え合う感謝があれば、最終的にもらうものが同じでもいいのか。

そもそも、不平等なのである。とは、誰の言葉だっけ。

2020/04/28 2020年4月25日(土)
(2784KB) 自分の手首骨折により、
ようやくアスファルト工事着手。

2020/04/27 2020年4月24日(金)
朝礼にて 河合から「目的」と「目標」の違いについて。

昨日の盗難からの契約を振り返り、
電源だけですぐに監視できるG-camを、
知っていただき、事前に設置をいただき、
防犯に繋げる努力をする。
そういう我々の仕事自体が、社会貢献である。
それが、我々の仕事の「何のため」であり「目的」である。
台数や売上は、その努力と評価の指標である。

社会貢献は、彼処にあるのではない。
まさに今、此処にあるのである。

1500 急遽、中国と結んでウィチャット会議。
一昨年、長根と行ったことが、今生きるかも。
動けるときに、動いておくことが大事。

2020/04/25 2020年4月23日(木)
(315KB) 昨日、盗難にあったと
地元建設会社がG-camを取りに来られた。

「つけておけば良かった」

こういう言葉を、後から聞くのは残念である。

これから、現場に人がいなければ、さらに盗難被害は増える。

「行けないけど、見たい」

この要望にお応えすることが、我々の社会貢献である。

急遽、「行けないけど、見たい」マークを、
笠原につくってもらう。

AM ミーティング
GW明けの対応について
小学生以下のお母さんは、特休を継続。
それ以外は、原則出勤。となるか。

PM TOKOさんとWEBミーティング

2020/04/23 2020年4月22日(水)
(1676KB) 河合から朝礼にて、リンゲルマンの法則の話。
協力し合う人数が増えるのに従い、一人一人が出す力が減っていく法則。
綱引きでは、一人の人間の綱を引き力を100%とすると、
2人なら94%、3人なら85%と、人数が増えるにつれて、
一人一人が出す力は減っていき、とうとう8人を超えると48%と、
半分を切ったという結果が出たという。

まずは、「全員で取り組む大きな目標を立てること」。
全員の意識を一致させることにより、そして、個々の役割を明確にすること。
により、この危機を乗り越えよう。と。

すばらしい朝礼だった。

今、テレワークで半減している現場。
皆、協力し合い、一人立ち頑張っている。

感謝しかない。

坪井さんのお嬢さん二人から、図書カードに対する御礼のお手紙をいただいた。
「これを機にたくさんの本に触れたいです」「積極的に読んでいきたいと思います」と。
お母さんは、すばらしい教育をされていると思う。うれしい。頑張れ!学生たち!

2020/04/22 2020年4月21日(火)
(2546KB) 朝の次亜塩素酸水づくり。どうぞ、持ち帰りください。
紫外線に弱いので、冷暗所で保管し、早めに使い切る。
スプレーで10倍希釈程度。などなど。

午後から、厚木の富士見産業へ。お届けもの。
接触は最低限に配慮。

2020/04/22 2020年4月20日(月)
今朝の、
本は命であり、生きる糧だった。
「活字文化こそ『精神の泉』である。『社会の光』である」
との新聞記事を読み、思い立った。

社員のお子さま一人一人に、図書券5000円プレゼント。
蔦屋に行って購入。お子さんに持ち帰ってもらった。

時間があるから読めるという訳でもないが、
きっかけになればと思う。

2020/04/20 2020年4月17日(金)
朝一でダイワハウス様より電話。

「来週から現場が止まるので、監視カメラ今日中にほしい」
取りに来られることに。

GWは、暦通りで出荷できる体制をとったが、正解かも知れない。

2020/04/17 2020年4月16日(木)
朝礼にて発表。業務に関わらず、
小学生以下のお子さんがいる方は、
明日からお休み。

一人一人と面談する。

社内WEB会議や、
プリントアウト、情報共有など、PC設定。

できないと思ってたことが、結構できる。

「止まるので、監視カメラつけたい」
は、広がりつつある。

2020/04/17 2020年4月15日(水)
朝礼にて
全員にマスク50枚を配布。中国からの配慮に感謝。
次亜塩素酸準備完了。
萩原県議からの報告を配布。
4月は、部門ごとに積極的に休みを入れること。
などなど。

「行けないから見たい」が、本格的になってきた。
電話が、多かった。

2020/04/15 2020年4月14日(火)
日に日に、自粛要請内容が個人から企業へシフト。

すでに、一部テレワークを始めてはいるが、
もっと、ドラスティックにやる必要があるか。

むしろ、自粛要請が無くなっても、
テレワークでいけるように仕組みを作れば、
世の優秀な主婦の方々の仕事につながるのではないか。

それにしても。。

個人的には、
稼ぎたい人
休みたい人ならない人 健康理由 子ども理由 年間給与調整理由
休みたいけど稼ぎたい人

会社的には、
今は来てもらいたい人
今は休んでもいい人
これに、社保、扶養、有給 絡めて検討したら、
答えが出る訳がない。

1600 「プロモーション」について ZOOM会議
WEB会議も、だんだん板についてきた。

2020/04/15 2020年4月13日(月)
佐藤家始まって依頼の充実した週末明け。
今日から、笠原もテレワーク開始。

AM 営業会議
今回から、比嘉も合流。近隣現場一覧の要請。
出荷は前年を上回っている中で、
現場が止まるので、監視カメラがほしい、との特殊要因あり。
この緊急事態に、電源だけのSIM内臓カメラの可能性を知ってもらう必要性あり。
1300 プロモーションWEB会議。
新たな取り組みを、確認。

あっという間に、一日が終わる。

2020/04/13 2020年4月10日(金)
倉庫前のアスファルト工事、4/26-29を発表。
今できる事は、全部やっておく。

阿部塾長から、以下のようなメールをいただく。
皆さんもこの時期、それぞれ大変ですがこの思いで頑張ってください。
苦しい困難な時ほど、その人の真価が問われるものです。
まさに「明日死ぬかのように生きよ」「永遠に生きるかのように学べ」ですね。

と。

夜は、4.10記念の家族座談会。

これまで、これほど、家族で過ごした時間はなかった。

週末。本当に、いい時間をいただいた。

2020/04/13 2020年4月9日(木)
(259KB) 家を出ようとしたら、桜の車輪止め。

朝礼にて
「みんなと家族は、私が守るから、
どうか、周囲と電話では、寄り添う言葉をかけてあげて」
とお願い。

1030 渡辺氏とWEB会議 今後もこれでOK。
1300 シンドウ様来社

2020/04/10 2020年4月8日(水)
(361KB) 昨夜のFAXに、朝一で反応あり。
嬉しい報告ですと、河合から。
在庫は大丈夫です。は、安心につながった模様。

1500 木所社長を訪問

お互い、持ちつ持たれつで。

この時期ならではの残念な対応を聞く。
「テレワークなので、他をあたってくれ」
と言われたとのこと。

和彦からも別の案件で、
つっけんどんな営業態度を受けたと報告。

こういう時だからこそ、
寄り添う営業をすればいいのに、と思う。

笠原と懇談。
すぐやる はやくやる ちゃんとやる は作業者の最大要件。
リーダーになっていくのに求められる要件は、「気づき」であると。

今日は、スーパームーン。
夜、ちょっとだけ家を出て撮影。

2020/04/08 2020年4月7日(火)
(323KB) 70坪倉庫整理をしました。

掘り出し物もあり、
いつかじゃんけん大会やりたいと思います。

「G-cam君」が、倉庫から3Fに移設。

夕方には、首相より緊急事態宣言。

受けて夜、河合の発想で、
「G-cam対応は大丈夫です」というFAXを全国に送らせていただきました。

どうか、早期終息しますように。

2020/04/08 2020年4月6日(月)
田辺、河合で熟慮した個人評価一覧が上がってくる。

すぐやる はやくやる ちゃんとやる
気づき チャレンジ ありがとう

利益貢献とこのMIYOSHイムズに基づいて、
粗利分配を決めていく。

すぐやる すぐに取り掛かる
はやくやる 作業、プロジェクト進捗のスピード
ちゃんとやる 品質だけでなく 報連相や後始末など

気づき 目の前だけでなく、敷地内全てで起きていること
チャレンジ 結果評価だけでなく、プロセス評価の大事な部分
ありがとう 感謝の心 協調性

マンネリにならぬように、毎回ミーティングを持ち、
前回の懇談での課題や目標に対しての取り組み姿勢や結果を見て、
相対評価をしていく。

今回大きく伸びた人がいたので確認すると、
河合から、しっかり応えが返ってきた。
前回の課題抽出に対して、しっかり取り組んだ結果と。

幹部の好き嫌いにならぬよう、公平性を保つために、
どこまでも、意見交換をしていき、最終決着する。

NEXT→